避妊・去勢手術

HOME > 一般診療案内TOP > 避妊・去勢手術

避妊・去勢手術は様々な病気の予防という観点から、
当院では
すべての動物たち
にお勧めしています

避妊手術による乳腺腫瘍の予防効果について

メスの犬、猫におこなう避妊手術(卵巣・子宮摘出術)は様々な病気の予防効果が期待できます。特に乳腺腫瘍に関しては、早期の手術によって発生をほとんど抑えることが可能です。乳腺に発生する腫瘍のうち、犬では約50%、猫では約70-90%が悪性腫瘍(がん)です。

★手術の時期と乳腺腫瘍発生率の関係
(イヌの場合)

初回発情前 0.05%
発情1回目以降 8%
発情2回目以降 26%
(2回目以降は手術しない場合と発生率は変わりません)

上記のように、早期の手術によって、乳腺腫瘍の発生率がかなり下がります。これは猫でも同様と考えられています。子供を作らないと決めている場合には、生後6ヶ月前後での手術をお勧めいたします。

避妊手術によるその他の病気の予防について

卵巣と子宮を摘出しますので、子宮蓄膿症や卵巣腫瘍など、卵巣、子宮疾患の発生を予防できます。また、ソ径ヘルニアの発生率が低下することもわかっています。

さらに、望まない妊娠を避けるだけでなく、発情出血や発情期のわずらわしさ、本人のストレスもなくなります。このようなメリットがたくさんあります。

去勢手術について

オスの犬、猫におこなう去勢手術(精巣摘出術)にも様々なメリットがあります。早期の手術でマーキング行動が抑制できます。これは犬では足を上げておしっこをしませんし、猫の場合には、家の中のいろいろな場所にオシッコを引っ掛けると行った行動が予防できます。

また個体差はありますが、攻撃性が緩和し性格が穏やかになります。また、下記のようなメリットがあります。

  • 前立腺肥大の発生率が低下します(加齢と共に発症率は上がります)
  • 会陰ヘルニアの発生率が低下します(特にW.コーギーやM.ダックスに多い病気です)
  • 精巣腫瘍の発生を防ぎます(停留精巣・陰睾の場合、腫瘍化する可能性が高くなります)
  • 肛門周囲腺腫の発生率が低下します

このように去勢手術には様々なメリットがありますので、当院では若いうちに手術を受けられることをお勧めしております。

pagetop

手術のデメリットについて

手術をおこなうことの一番のデメリットは、麻酔のリスクです。当院では手術前に身体検査や血液検査をおこなうことによって、そのリスクを最小限に抑えています。現在、犬・猫への麻酔の方法・技術は確立されており、かなり安全であると考えております。

その他のデメリットは、太りやすくなることです。しかしこれは、ご家族が食事量と運動量のバランスに気をつけていただくことで、防げると考えています。

このように避妊・去勢手術はデメリットよりもメリットの方が多く、様々な病気の予防にとても効果的です。特にメスの場合には生後6ヶ月前後での手術をお勧めいたします。

手術の流れ

手術は予約制となります。手術前日以前に、麻酔が安全にかけられるかどうかの身体検査と血液検査をおこないます。血液検査には30-40分ほどかかりますので、お時間のある時にいらしてください。検査結果が出ましたら、結果のご説明と手術についてのご説明をさせていただきます。

ご希望の日が決まっていらっしゃれば、その場で手術のご予約をしていただけます。手術の当日は朝の食事を与えずに午前中にいらしていただき、お昼に手術を行い、当日の夕方もしくは翌日退院となります。

何がご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。