健康診断

HOME > 一般診療案内TOP > 健康診断

当院では、病気のどうぶつ達の診断するための検査と、
元気などうぶつ達の健康をチェックするための検査
ワンにゃんドック」をおこなっております。

パンフレットはこちらからご覧ください。

ワンにゃんドックのススメ

ワンちゃん・ネコちゃんは、1年間で人間でいう4-5歳分、年をとります。また、6歳以上では、人間の中高年期にあたり、さまざまな病気が起こるようになります。また、近年、獣医療の発達により、早期発見・治療をおこなえば、治せる病気も増えてきています。

今まで元気だったご家族であるどうぶつ達も、気づいてみれば、結構な年齢になっています。これからも一緒に元気に過ごしていくために、年に1-2回の【ワンにゃんドック】(健康診断)をおすすめいたします。

一般コース(基本コース)

全身の評価をしていくための基本的な項目で、幅広く検査を行う、スクリーニング検査です。様々な病気の有無の確認ができます。これらで異常が見つかった場合には、より専門的な検査をおすすめする場合があります。

検査項目

レントゲン写真 超音波画像
  • 一般身体検査(問診・触診・視診・聴診など)
  • 血液検査(血球計算・血液化学検査・電解質)
  • レントゲン検査(胸部・腹部)
  • 超音波検査 (腹部)
  • 尿検査・便検査
pagetop

その他のコース

★ 心臓コース

心臓の病気や機能を詳しく調べることができます。最近疲れやすい、運動量が減った、咳をしているなどの症状があるようであれば心臓病の可能性が考えられますので、このコースでの健康診断を行っておくと安心です。

検査項目

レントゲン写真 超音波画像
  • 上記の一般コースの検査すべて
  • 心臓の超音波検査
  • 心電図検査
  • 追加項目(猫)
    心臓バイオマーカーNT-proBNP測定
  • 心臓の負担をより詳しくみていくことができます。より早期での心臓病の発見を行うことができます。 NT-proBNPの測定は外部の検査センターにて行いますので、結果が出るまでにお時間がかかります。

★ 腎臓コース

腎臓の機能や状態を詳しくみることができます。最近水の飲む量が多い、尿の量が多いなどの症状があるようであれば腎臓病の可能性が考えられますので、このコースでの健康診断を行っておくと安心です。腎臓の機能を詳しくみることができるSDMAの測定が可能になりましたので、早期の腎臓の異常でも発見することができるようになりました。

検査項目

  • 上記の一般コースの検査すべて
  • UPC測定(尿蛋白/クレアチニン比)
  • 腎機能マーカー SDMA 測定
  • 追加項目(猫)
    心臓バイオマーカーNT-proBNP測定
  • SDMAの測定は外部の検査センターにて行いますので、結果が出るまでにお時間がかかります。

★ 甲状腺コース

甲状腺の状態を詳しく見ていくことができます。ワンちゃんであれば最近元気がない、毛が抜けるようになってきたなどの症状が、ネコちゃんであれば食べる量が増えたのに痩せてきた、夜鳴きが多くなったなどの症状あるようであれば、甲状腺の病気の可能性が考えられます。このコースでの健康診断を行っておくと安心です。

検査項目

  • 上記の一般コースの検査すべて
  • 甲状腺ホルモン測定
    犬:2種類(T4,fT4)
    猫:1種類(T4)
  • 犬の場合のみ、測定は外部の検査センターにて行いますので、結果が出るまでにお時間がかかります。

pagetop

お電話のみでの完全予約制となります

あらかじめお電話にてご予約ください。

TEL 042-670-0733

費用はこちらをご覧いただくか、お電話にてお問い合わせください。

お預かり・お迎え時間

  • 午前中(9-12時)にお預かりと問診をおこないます。
  • 朝ゴハンをあげないで来院してください。(12時間の絶食が必要です)
    お水は与えていただいて結構です。
  • 可能であれば当日朝の、ウンチ、オシッコをご持参ください。
  • 午後の診察時間(16-18時)にお迎えに来ていただき、結果をご説明いたします。

検査で異常が見つかった場合

追加で必要な検査がある場合は、飼い主様とご相談の上、検査・診断をおこないます。
(血液ホルモン値測定、血管造影・消化管造影検査、腹腔鏡検査、消化管内視鏡検査など)